関連アイテム - 書籍

ASUKA COMICS アイドル伝説えり子 (1)/河原 歩 (角川書店)
コミック(1) 書籍コード ISBN4-04-924107-2 コミック版「アイドル伝説えり子」の記念すべき第1巻。大筋はアニメ本編と同じだが、登場キャラクターが増えており、それぞれにスポットが当たることもあって、 新鮮な部分も多い。アニメから入ると絵柄が最初は馴染めないかもしれないが、親しみやすい絵柄である為に読み慣れるのも早い。 朝霧良子が連れて来た洋に出会うところまでが収録されている。
アイドル伝説えり子(1)/とんでも8分 恋は一瞬/あとがき
発刊日 1989.08.17
税抜価格 \369
ページ数 新書版 192ページ
お薦め度 ★★★
ASUKA COMICS アイドル伝説えり子 (2)/河原 歩 (角川書店)
コミック(2) 書籍コード ISBN4-04-924147-1 コミック版「アイドル伝説えり子」の第2巻。やはり大筋はアニメ本編と同じだが、登場キャラクターが増えている分、アプローチが異なるこも多く、純粋にコミック版として楽しめる。麗とえり子の関係も微妙に異なり、 アニメの3クール目に当たる話の変更は、上手く描いていると思う。更に連載終了分から70ページ近くを新規で描いて、物語として正式に完結させたことも特筆する点で、これが3巻発売の原動力ともなっていると感じる。 アニメ版の4クール目は、このコミックでは存在しない。
アイドル伝説えり子(2)/あとがき
発刊日 1990.03.17
税抜価格 \369
ページ数 新書版 192ページ
お薦め度 ★★★☆
ASUKA COMICS アイドル伝説えり子 (3)/河原 歩 (角川書店)
コミック(3) 書籍コード ISBN4-04-924178-1 アニメでは全く語られなかったエピソードを描いた、完全オリジナル。朝霧麗のデビュー前、えり子と麻美の休日のエピソード、更には探偵モノもあったりと、豊富な内容には楽しませてもらえる。 この巻は、放映終了5ヶ月後に発刊されたもので、更には連載されていたものでは無いことを考えると、作品人気は確実にあったことが伺える。
永い夜を越えたら/らららのらの時間割/プロポーズ大作戦!!/俺たちは天使か!?/ラビット・ラバー・ラプソディ/あとがき
発刊日 1990.08.17
税抜価格 \369
ページ数 新書版 192ページ
お薦め度 ★★★★
メディアライフシリーズ まんが版 アイドル伝説えり子/北島洋子 (小学館)
北島コミック 書籍コード ISBN4-09-104415-8 巻頭に制作発表会の時の写真が載っていたり、アニメの「えり子」と田村英里子さんのグラビア(?)が載っていたりと、ムック的な切り口がある一方、メインであるコミックはかなり凄いものがある(汗)。小学館の学習雑誌に連載していた事を考えれば、 この絵柄はありなのかもしれないが、アニメを基本に考えた場合には強烈な打撃を食らうこと請け合い(笑)。基本はアニメの展開に忠実ではあるが、心情描写が全く無いと言って良く、これっぽっちも感動出来ないのは逆に笑える。間違っても未見の人に このコミックを読ませてはならない(汗)。尚、アニメ版の4クール目は48話の一部を除き、このコミックには存在しない。
発刊日 1990.04.01
税抜価格 \563
ページ数 B6版 186ページ
お薦め度
レジェンド オブ アイドル (バンダイ)
LEGEND OF IDOL 書籍コード ISBN4-89189-195-5 作品のムックとして「唯一無二」の1冊ということもあり、「えり子」ファンも「ようこ」ファンにもバイブル的な扱いとなっている。内容も設定資料やキャストインタビュー等、 ファンにも嬉しい内容が揃っており、「バイブル」に恥じないものになっていると思う。ただ、誤字・脱字などもそれなりにあるのと、フィルムストーリーが抜粋になっているのは 「作品を丸ごと手軽に振り返りたい」と思うファンには残念な部分でもある。イラストも、当サイトからリンクしている「しらとりれいこ」さんをはじめ、豪華なメンバーが担当しているのも見逃せない。
アイドルINDEX/アイドルマガジン「BAMB!」/アンコールシアター/設定資料集/デザインノート/ジャケットギャラリー
発刊日 1992.12.15
税抜価格 \2,718
ページ数 A4版 144ページ
お薦め度 ★★★★
月刊アウト 1989年8月号 (みのり書房)
アウト 書籍コード ISBN 唯一無二の「アイドル伝説えり子」が表紙を飾ったアニメ誌(笑)。ちなみに、後に「アイドル天使ようこそようこ」が表紙を飾ったアニメ誌もこのアウトだけ。 しかし、実際「特集」と言っても表紙の描き下ろしと、特集ページ(見開き)のトップが山内氏原画/芦田豊雄氏仕上げというくらいで、ページ数も4ページ、 内容も放映済みの話(7話まで)を振り返る程度と少々寂しい。それでも当時、この作品にキチンとしたスポットを当てていたという事は、評価すべきだろう。 内容を求める場合はお薦め出来ないが、「唯一無二」の記念を残しておくのはファンとして有りかもしれない(笑)。
発刊日 1989.06.26
税抜価格 \505
ページ数 B5版 146ページ
お薦め度

Copyright (C) 2002 Project ADE All Rights Reserved.