作品紹介 -第34話 詳細- ◎天気予報:

『モチのローーーンですっ!』
(by 田村えり子)

 解説
 とんでもない3次審査の中、持ち前の勇気や情熱、チャレンジ精神を見せ付けたえり子と麗。結果的に最終オーディションまで残った二人は、ニューヨークでの直接対決を残すのみとなります。 麗に「あたしが勝つ」と鋭い視線を向けられても、今のえり子はその視線を真っ向から受け留め返す強さを持っていました。
 えり子も麗もそれぞれの準備を進める中、えり子は両親の仲人も務めたという、平田堅三という老人に出会います。その老人は、えり子の両親が事故を起こした当日、見舞われていた本人で、 勿論、母・美奈子にとっても大切な人物であった筈でした。
 平田と会ったことで、鍵の掛かっていた記憶部分に強い刺激が与えられ、割れる様な頭痛に見舞われる美奈子。しかし、それが記憶を戻す引き金になったのです。ですが、その記憶を取り戻した時、不幸にも家には誰もおらず、 行き先も告げることなく、美奈子は自分の意思で出掛けてしまうのでした。何もしらないまま、本当の「自分の家」である田村家に…。
 田村家の変わり果てた姿に驚く美奈子。そして、そこには現在の主である項介が戻り…。

 セレクト&テンション
●ポイント1(視聴ポイント3より)
 湯船で寝ているのではないかと心配で見に来た美奈子に「一緒に入ろう」とせがみ、入浴する母娘。話題は「お触り爺さん」だったりします(笑)。美奈子はその名前を思い出すことが出来ず…。
●ポイント2(視聴ポイント4より)
 記憶を取り戻した美奈子は、自分の今の状況が分からず、それを確かめに1人外出します。確実であろう我が家、「田村」家へ…。ユキさんが居ないタイミングというのが何とも…。
●ポイント3(視聴ポイント5より)
 帰宅したえり子に伝えられた「美奈子行方不明」の報。えり子は、じっとしていられずに、自らも街へ探しに行きます。記憶が戻り、項介の手に落ちたことも知らずに…。

 Sing a Song
MIDNIGHT CITY 有待雅彦 「ミュージックラボ」での出演映像。最近、出番があまり無かったからという配慮なのか(笑)、「STEEL健在」をアピールしている感じです。
真剣(ほんき) 矢島晶子 テレビ局の玄関で、伊集院の車を待つえり子の鼻歌。この後、衝撃的な出来事がえり子を襲います(笑)。

 コーヒーブレイク
「ミュージックラボ」今週の順位。1位の「のりぴー音頭」(酒井法子)に負けるSTEEL、3位の「ルイルイ」(太川陽介)に負ける田村えり子。なかなか刺激的なランクですねぇ…(笑)。
「ときめきお化粧バッグ」のライト点灯映像です!(笑) しっかり、用意されているギミックを使っているという証ですね。でも、控え室の鏡台の前に置いて使うというのは…。
この手は誰の手だ?! かなり慣れた手つきであることが素人目でも分かります。ちなみに、アニメGIFで作ってみたのですが、かなり下品なので止めました(笑)。
最初で最後の(?)、恥ずかしさと驚きの混ざったえり子の表情です。悲鳴も一緒にお聞かせ出来ないのが残念かもしれませんね(笑)。
美奈子捜索隊隊長の内田社長。マンション屋上の貯水タンク裏を調べます(爆)。いくらなんでも、それは美奈子さんを馬鹿にしすぎではないかと…(笑)。
Nothing

 スタッフ&キャスト
脚本 小山高生 絵コンテ 吉田健次郎 演出 吉田健次郎 作画監督 山内則康
キャスト
柿本 菅原淳一
西条 青森 伸
上条 堀内賢雄
平田 水島鉄夫
山本 峰あつ子
原画 近永健一
山内則康
富永真里
三浦辰夫
近永早苗
動画 宮司好文
東田紳二
牛来隆之
吉原正行
青木康浩
吉川博明
菅野利之
福士真由美
進行 大島秀文


【話数選択】:    

 お寄せ頂いた声
[an error occurred while processing this directive]

Copyright (C) 2002 Project ADE All Rights Reserved.